Short Trip!~きよらの神社仏閣を巡る旅~

参拝マニアの武田清良が神様に会いに各地の神社やお寺を訪ねます。

伊勢神宮へ~瀧原宮

こんばんわ。武田きよらです。

今日は夜に記事書いてます。そう やる気ですw

記憶が鮮明なうちに書き記そうと思いました。では早速。

 

神社仏閣巡りをするようになって2回目の伊勢神宮。去年は7月末~8月頭の一泊二日でしたが今回はまたも旦那が行く!とこの無謀な計画に乗ったのでです。あと次男も連れて行きました。中二長男は只今中二病をもれなく発症中なので留守番という名の自由を手に入れた模様…まぁ猫の世話係として残ってもらうことも承知です。

ということで出発。夜中12時ごろに出て浜松までは国一を爆走。浜松で東名高速に乗ります。この時間は道路も空いているし高速料金も節約できるから一石二鳥です。浜松から東名高速に入りさすがに夜中眠いので美合SAで一旦休憩で車中で仮眠をとります。一時間半くらい寝てからお化粧したり身支度を整えて再び伊勢方面へ出発。朝焼けの名古屋港あたりがとても綺麗で好きなのですがこの日はまだ朝5時台でも暗かった。だんだん明るくなってきたー!と思ったらすっごい霧でガッスガス。これもまた幻想的でした。ちなみに行きの運転はallワタクシめでございます。

 

前置き長すぎ~だけどまず最初の目的地の瀧原宮へ到着。

f:id:marble-chiffon:20171010220831j:plain

f:id:marble-chiffon:20171010221114j:plain

瀧原宮はミニ内宮と言われてるらしい。うん。確かに似てるところはある。

 

f:id:marble-chiffon:20171010221236j:plain

え?マムシいるの?

でもこの看板の奥に素晴らしいくらい御立派な巨木があったので見に行く。

f:id:marble-chiffon:20171010221259j:plain

その巨木は御神木クラスに匹敵するであろう…近くまで行って見ることができた。

ありがたい。本当にありがたい。写真は控えた。だって暗くてボケてばかりの写真になってしまうから!!

 

こんなことは早朝ならではだろう。(一応立入禁止ではなかったよ。)

 

この橋を渡ると神域な雰囲気バリバリ。

f:id:marble-chiffon:20171010221643j:plain

こんな控えめな手水が好きです。

f:id:marble-chiffon:20171010221749j:plain

でもさすが内宮に似てるだけあって川に下りて清めることもできる。

f:id:marble-chiffon:20171010221854j:plain

今回は次男だけ川の水で清めた。私はかわいらしい手水を堪能。

でも川の方に下りて行ってみるとやはりそこは神域だ。

f:id:marble-chiffon:20171010222215j:plain

f:id:marble-chiffon:20171010222238j:plain

f:id:marble-chiffon:20171010222302j:plain

ホントぼけた画像ばかりで申し訳ないです( ;∀;)

川の方からまた歩いて先にいく。

f:id:marble-chiffon:20171010222348j:plain

f:id:marble-chiffon:20171010222437j:plain

↓この杉の木はよく瀧原宮の画像を見ると上がってる気ですね。ぐるぐる回ってる。

f:id:marble-chiffon:20171010222455j:plain

磁場が~と書きたいけれど詳しいことはよくわからないのが本音。

f:id:marble-chiffon:20171010222737j:plain

長い参道を抜けるとそこには神様がいらっしゃる場所。

f:id:marble-chiffon:20171010222819j:plain

f:id:marble-chiffon:20171010222919j:plain

ガスってるのわかりますか?もわんもわんで湿気もすごい。

f:id:marble-chiffon:20171010222949j:plain

ちゃんと順番があったけど左から順にお参りした。

f:id:marble-chiffon:20171010223040j:plain

コチラ↓ご神気半端ない!ゼロ霊感な私でも感じるものがあった。

f:id:marble-chiffon:20171010223157j:plain

f:id:marble-chiffon:20171010223324j:plain

本当はこちらからお参りするのですがマジでうっかり気持ちが飛んでしまってた。

f:id:marble-chiffon:20171010223435j:plain

f:id:marble-chiffon:20171010223353j:plain

f:id:marble-chiffon:20171010223617j:plain

f:id:marble-chiffon:20171010223641j:plain

f:id:marble-chiffon:20171010223719j:plain

f:id:marble-chiffon:20171010223747j:plain

いろいろすごいなぁと思う。これが伊勢なのだ。

早朝という事もあって参拝者は私たち家族を入れて数名だった。この空間を独り占めできたことに嬉しさを隠さず内宮へと進む。