Short Trip!~きよらの神社仏閣を巡る旅~

参拝マニアの武田清良が神様に会いに各地の神社やお寺を訪ねます。

大涌谷と大雄山最乗寺その2

こんにちわ。武田きよらです。

昨日の続きをさっそく。。。。

 

結界門をくぐります。ここをくぐると空気が違う・・・ような。

f:id:marble-chiffon:20170918130046j:plain

こちらの天狗様もかなりの睨みを利かせているけれど何故か背筋が伸びるというもの。

 

すぐ右手には御神殿に繋がる階段。

f:id:marble-chiffon:20170918131153j:plain

そこから光を感じる。

f:id:marble-chiffon:20170918131306j:plain

今回はデジカメを忘れてすべてiPhoneカメラの画像だけどこんな光を感じると素直に嬉しく思う。それがレンズの反射だとしても。目に見えないものを感じるのは難しい。見えないからこそ光としてそこに輝く一瞬でも自分と同じだという事を強く思う。これからもっとたくさんの光を見たい。感じたい。だからこの瞬間を大事にする。今を生きてるということを。

f:id:marble-chiffon:20170918131905j:plain

ちょうどこの写真を撮っていると太鼓の音が聞こえてきた。御祈祷が始まるらしいので急いで階段を上がり靴を脱いで御神殿に上がる。

御祈祷希望された方と一緒に聞くことが出来るのでその御祈祷パワーをちゃっかりおすそ分けしていただいた。しかるべき申し込みをするとちゃんと名前や会社名を言ってもらえてお札もいただける。その空気に触れただけでもとてもすごいものを感じた。

 

売店で大雄山最乗寺のお線香を買った。実はうちの実家は曹洞宗でこちら最乗寺も曹洞宗のお寺です。同じ繋がりで誰かが買ってきたのかもらったのかわからないけれど白檀の香りのお線香はご先祖様も喜ぶだろうと。

 

そして奥の院へ続く道を歩く。

f:id:marble-chiffon:20170918132528j:plain

f:id:marble-chiffon:20170918133148j:plain

f:id:marble-chiffon:20170918133220j:plain

 

こてらにも天狗様がいらっしゃる。そしてとても優しく力強い。

f:id:marble-chiffon:20170918133700j:plain

f:id:marble-chiffon:20170918133734j:plain

 

そして階段を上る。

登っているときにこの階段を休みなく登れたら進むべき方向は間違っていない!と心の中で願掛けしながら進む。でも休むところもないので一生懸命止まらずに頑張る。

と、、、頑張りすぎたので奥の院の写真を撮るのを忘れてしまった(-_-;)

奥の院も靴を脱いで中でお参りさせていただいた。本当にありがたいです。

さて、また階段を下る。

f:id:marble-chiffon:20170918134259j:plain

 

 

そしてまた天狗様の所でやり切った報告をする。ニヤニヤと怪しい人だと思われないように誰もいないことを確認して話す。完全怪しい女!

そしてこちらの巨木は本当に天狗様が腰かけていそうだった。天狗様の近くだし。↓

f:id:marble-chiffon:20170918134333j:plain

 

菩薩さまもいらっしゃる。↓

f:id:marble-chiffon:20170918134651j:plain

 

そして三面大黒天様のところへ。こちらの狛犬様は子犬がいる珍しい狛犬様らしい。↓f:id:marble-chiffon:20170918134758j:plain

f:id:marble-chiffon:20170918134941j:plain

↑三面大黒天堂。こちらも中でお参りができるのでちゃんと中でお参りしたかったけれど既に先客がいてとても熱心だったのでまたにする。この日は平日だったので大黒天様がいらっしゃるお社のお隣の売店は閉まっていたのだけど、春に来たときはそれはそれは優しいおば様がいらっしゃった。こんな神聖な場所で奉仕するということは仕事をしながらも良い気がもらえてるんだな、と少しうらやましくもある。

 

そして総受付まで戻り御朱印をいただいて慧春尼堂へと向かう。

慧春尼堂は少し離れているけれど奥の院から階段じゃない歩道を下りてくるとこちらに出られるらしい。(その道から来た方に聞いた!教えてくれた方ありがとうございます)

f:id:marble-chiffon:20170918135711j:plain

↑ この紅白のハチマキは総受付で売っていて願いを書いてこの慧春尼堂に巻くというもの。前回やったので今回はお参りだけにする。

f:id:marble-chiffon:20170918135854j:plain

前回、この慧春尼様(えしゅんにさま、と読むよ~)はとても厳しい感じがした。なので今回来ることを迷ったけれどやはり来てよかったと思う。やっぱりお優しさをとても感じることができたから。

 

この日はハイキングから一転して大雄山最乗寺に来てみたけれどそれは必然だったのかも。こんな日もいいよね。

f:id:marble-chiffon:20170918140222j:plain

そしてこちらでも光をいただく。

これからも今を見つめて生きていこうと。