Short Trip!~きよらの神社仏閣を巡る旅~

参拝マニアの武田清良が神様に会いに各地の神社やお寺を訪ねます。

西伊豆 松崎町でイワナガヒメ様と出会う!~雲見浅間神社~

こんにちわ! 武田きよらです。

私の小さな旅物語へようこそ。今回の参拝は西伊豆松崎町です。

松崎町堂ヶ島の先にあり下田より手前です。。。。

なんて適当すぎる説明でわかりますでしょうか?まぁいいのです。

この記事で興味を持たれた方ならグーグル先生に聞いてくれるはず!!!

 

その松崎町烏帽子山というところがあります。名前に由来は想像とおり山のかたちが烏帽子みたいだからですね。その烏帽子山に雲見浅間神社がありましてそちらにイワナガヒメ様が鎮座されております。浅間神社静岡県なら数あれどコノハサクヤヒメ様が御祭神のところが多いと思いますがこちらは

ガチ!で!

イワナガヒメ様がいらっしゃるお社でしたよ!それでは行ってみましょう!

あ、ちょっと待って。烏帽子山というくらいだからちょっとお山を登ります。烏帽子山は標高162m。あれ?低くね?………………………ええ。高さはそれほどかもしれませんよ。しかし甘く見るな!!短時間でガッツリ登山できますから!!

↓入口の鳥居ですね。隣は鈴与の施設がありました。

f:id:marble-chiffon:20170731145709j:plain

さて。2時間ほどのドライブでやってきました松崎町。実はこの日は家族全員で来たのですよ。けれど三半規管の弱い次男ゲロゲロ とやらかしまして…隣にいた長男がもらいはしなかったもののそれを間近で見ていたのだから 俺も気持ち悪りぃー となり仕方なく車を開放し子供を安ませて夫婦二人での参拝となりました

奥の鳥居から↓ いい感じ!        

f:id:marble-chiffon:20170731150356j:plain

↓ 案内図があります。最初石段130段そのあと320段!け、けっこうあるじゃん!

ロ、ロッククライミングなんて し、しないんだかんねっ!

f:id:marble-chiffon:20170731150442j:plain

↓ ででーん。御神木。夫婦松だそうで。今日の私たち♡なんて。 

f:id:marble-chiffon:20170731152324j:plain

f:id:marble-chiffon:20170731152351j:plain

f:id:marble-chiffon:20170731152536j:plain

途中、こんなキノコも。サルノコシカケってこんな感じかしら?

f:id:marble-chiffon:20170731152634j:plain

↓ 拝殿に到着。狛犬様も私好み♡

f:id:marble-chiffon:20170731153240j:plain

f:id:marble-chiffon:20170731153307j:plain

田舎の神社という感じがします。このお社の中で参拝ができるのですがこの時は気が付かなくて下ってきたときに中で参拝させていただきました。

登り始めのこの時は初めましてのご挨拶とこの地を守ってらっしゃることに感謝をこめての参拝です。でも私は『やっと会えたね』という誰かさんが誰かさんに言ったみたいな感情が沸き上がる~ ♪愛をくださーぁい♪ ウォウ ウォウ♪

f:id:marble-chiffon:20170731153138j:plain

手水もしっかりありますよ。

f:id:marble-chiffon:20170731153709j:plain

で、拝殿の隣には牛頭天王様がいらっしゃいました。

f:id:marble-chiffon:20170731154041j:plain

この小さな祠の横からさらに石段を上がり中之宮を目指す。

f:id:marble-chiffon:20170731152905j:plain

石段と言ってもかなりの勾配で一つ一つの段が小さいので歩きにくいし落ち葉があるから滑りやすいし日陰の所はさらに苔ばってるから滑るのです。ちゃんとトレッキングシューズで登ってます。相棒のトレッキングシューズはKEENというメーカーの物。

f:id:marble-chiffon:20170731154331j:plain

320段はきついなぁ。

とやっとこ着いた中之宮。ここで戸を開けて参拝できることに気が付く。

f:id:marble-chiffon:20170731154650j:plain

汗だくですがちゃんと参拝します。で、ちょっと休憩タイム。

このあたりがちょっとした絶景ポイントになっていて松崎町周辺のキレイな海が見渡せる。海は下田の方が有名だけど私は松崎の海なら入りたい!と思わせる青さでした。

こんな時こんな写真しか撮れなかったけど少しでもきれいな海が伝わりますように。

f:id:marble-chiffon:20170731155000j:plain

f:id:marble-chiffon:20170731155128j:plain

この日は晴れていたけど雲多めで富士山は拝めず。一部の伝説によるとここから富士山が見えるときは~云々伝説がありますが略したことから察していただけるとありがたいですが実は私はあんまり信じてないでーす。えへ。

それはこの後に載せますイワナガヒメ様を見たから。

 

ま、先に進みましょ~ここからはかなり山道になります。山頂にある本殿を目指せ!

f:id:marble-chiffon:20170731160157j:plain

f:id:marble-chiffon:20170731160505j:plain

途中に相思の根というのもありました。

f:id:marble-chiffon:20170731160553j:plain

この相思の根を過ぎるとすぐに細い岩場があります。

ホントしっかりトレッキングもできる烏帽子山。細い道に見えてちゃんと人ひとり余裕で通れるから大丈夫。ゼンゼンコワクナイヨ!!

f:id:marble-chiffon:20170731160815j:plain

山頂の本殿が見えてきた。この石段がきっついけど頑張って!

f:id:marble-chiffon:20170731160946j:plain

本殿に到着~。中之宮と似ているけど雰囲気は全然違うような??こちらも戸を開けて参拝できます。ここまでこれた感謝をこめてのご挨拶。

f:id:marble-chiffon:20170731161435j:plain

本殿横の階段からさらに上に行けます。

f:id:marble-chiffon:20170731161606j:plain

上はこんな感じで岩場の上に柵があり大人3人くらい入りますが柵が何となくな不安要素あり?な感じなのでこちらでアドレナリン出さないように!柵に寄りかかるなんてしないように! でもね。ここからの絶景は是非見てもらいたい。

f:id:marble-chiffon:20170731161731j:plain

嗚呼、私にもっと写真を撮る技術があったら…頂上から見る富士山方面。

f:id:marble-chiffon:20170731161703j:plain

こちらは南側。

f:id:marble-chiffon:20170731162121j:plain

f:id:marble-chiffon:20170731162218j:plain

こちらは雲見方面なのかな?この透明すぎる海!ここは海水浴場になってるの。

f:id:marble-chiffon:20170731162303j:plain

こんな海でなら泳ぎたいでしょ? 案内図も張り付けておきます。

f:id:marble-chiffon:20170731162505j:plain

そしてまた下る。

f:id:marble-chiffon:20170731162614j:plain

で。

拝殿に戻ってきました。こちらで戸を開けて正式参拝。

f:id:marble-chiffon:20170731162806j:plain

このお社の中にイワナガヒメ様がいらっしゃいましたので神殿にお断りをして

お写真いただきました。すんごく美しく気品あふれるイワナガヒメ様。

f:id:marble-chiffon:20170731162822j:plain

伝説だとニギギさんに返されてしまいますがニギギさんの好みが単にコノハサクヤヒメ様だっただけでは?と思います。例えるならば秋篠宮佳子様眞子様の姉妹かな。なんて一般人の私が言う事じゃないですけどそんな気がしました。

 

後日談ですがこの拝殿に住所氏名など記帳できるノートがあり、記帳して帰りましたところ、こちらの神主さんから雲見浅間神社のお札と挨拶とお礼文が届きました!

地方のお宮ですがそういった心遣いも行き届いていてやはりイワナガヒメ様のおわしますお社なんだなと感じました。

今回はやっとお会いできましたイワナガヒメ様ですが富士山5合目にもいらっしゃるので今年は頂上までは行かずともその辺りもめぐってみたいと心に決めました。

この参拝日は7月9日で次の日が静岡県側の富士山の山開きがあったんですよ~。

 

また長文になりましたがお付き合いとご愛読ありがとうございました。

武田きよらでした。