Short Trip!~きよらの神社仏閣を巡る旅~

参拝マニアの武田清良が神様に会いに各地の神社やお寺を訪ねます。

大涌谷と大雄山最乗寺その2

こんにちわ。武田きよらです。

昨日の続きをさっそく。。。。

 

結界門をくぐります。ここをくぐると空気が違う・・・ような。

f:id:marble-chiffon:20170918130046j:plain

こちらの天狗様もかなりの睨みを利かせているけれど何故か背筋が伸びるというもの。

 

すぐ右手には御神殿に繋がる階段。

f:id:marble-chiffon:20170918131153j:plain

そこから光を感じる。

f:id:marble-chiffon:20170918131306j:plain

今回はデジカメを忘れてすべてiPhoneカメラの画像だけどこんな光を感じると素直に嬉しく思う。それがレンズの反射だとしても。目に見えないものを感じるのは難しい。見えないからこそ光としてそこに輝く一瞬でも自分と同じだという事を強く思う。これからもっとたくさんの光を見たい。感じたい。だからこの瞬間を大事にする。今を生きてるということを。

f:id:marble-chiffon:20170918131905j:plain

ちょうどこの写真を撮っていると太鼓の音が聞こえてきた。御祈祷が始まるらしいので急いで階段を上がり靴を脱いで御神殿に上がる。

御祈祷希望された方と一緒に聞くことが出来るのでその御祈祷パワーをちゃっかりおすそ分けしていただいた。しかるべき申し込みをするとちゃんと名前や会社名を言ってもらえてお札もいただける。その空気に触れただけでもとてもすごいものを感じた。

 

売店で大雄山最乗寺のお線香を買った。実はうちの実家は曹洞宗でこちら最乗寺も曹洞宗のお寺です。同じ繋がりで誰かが買ってきたのかもらったのかわからないけれど白檀の香りのお線香はご先祖様も喜ぶだろうと。

 

そして奥の院へ続く道を歩く。

f:id:marble-chiffon:20170918132528j:plain

f:id:marble-chiffon:20170918133148j:plain

f:id:marble-chiffon:20170918133220j:plain

 

こてらにも天狗様がいらっしゃる。そしてとても優しく力強い。

f:id:marble-chiffon:20170918133700j:plain

f:id:marble-chiffon:20170918133734j:plain

 

そして階段を上る。

登っているときにこの階段を休みなく登れたら進むべき方向は間違っていない!と心の中で願掛けしながら進む。でも休むところもないので一生懸命止まらずに頑張る。

と、、、頑張りすぎたので奥の院の写真を撮るのを忘れてしまった(-_-;)

奥の院も靴を脱いで中でお参りさせていただいた。本当にありがたいです。

さて、また階段を下る。

f:id:marble-chiffon:20170918134259j:plain

 

 

そしてまた天狗様の所でやり切った報告をする。ニヤニヤと怪しい人だと思われないように誰もいないことを確認して話す。完全怪しい女!

そしてこちらの巨木は本当に天狗様が腰かけていそうだった。天狗様の近くだし。↓

f:id:marble-chiffon:20170918134333j:plain

 

菩薩さまもいらっしゃる。↓

f:id:marble-chiffon:20170918134651j:plain

 

そして三面大黒天様のところへ。こちらの狛犬様は子犬がいる珍しい狛犬様らしい。↓f:id:marble-chiffon:20170918134758j:plain

f:id:marble-chiffon:20170918134941j:plain

↑三面大黒天堂。こちらも中でお参りができるのでちゃんと中でお参りしたかったけれど既に先客がいてとても熱心だったのでまたにする。この日は平日だったので大黒天様がいらっしゃるお社のお隣の売店は閉まっていたのだけど、春に来たときはそれはそれは優しいおば様がいらっしゃった。こんな神聖な場所で奉仕するということは仕事をしながらも良い気がもらえてるんだな、と少しうらやましくもある。

 

そして総受付まで戻り御朱印をいただいて慧春尼堂へと向かう。

慧春尼堂は少し離れているけれど奥の院から階段じゃない歩道を下りてくるとこちらに出られるらしい。(その道から来た方に聞いた!教えてくれた方ありがとうございます)

f:id:marble-chiffon:20170918135711j:plain

↑ この紅白のハチマキは総受付で売っていて願いを書いてこの慧春尼堂に巻くというもの。前回やったので今回はお参りだけにする。

f:id:marble-chiffon:20170918135854j:plain

前回、この慧春尼様(えしゅんにさま、と読むよ~)はとても厳しい感じがした。なので今回来ることを迷ったけれどやはり来てよかったと思う。やっぱりお優しさをとても感じることができたから。

 

この日はハイキングから一転して大雄山最乗寺に来てみたけれどそれは必然だったのかも。こんな日もいいよね。

f:id:marble-chiffon:20170918140222j:plain

そしてこちらでも光をいただく。

これからも今を見つめて生きていこうと。

箱根 大涌谷と大雄山最乗寺へ

お久しぶりの更新となってしまいました(;´・ω・)

お元気ですか?すっかり9月ですね。

先月はまぁ…

夏休みでうだうだしながらも今後の自分とか今から何したい?何をこれからやって生きていきたい?とか哲学的なこと考えながら暑さに溶けてました。

そしてそれなりの方向性というかこれからやりたいことを絞り、何となくではありますがそれに向けての準備してました。何のことやらさっぱりですね。

読み手を置いてけぼりの完全なる自己満足になってしまわぬように!

ちょっとご無沙汰ではありますが神社仏閣の旅を記していこうと思います。

 

 

今回は南足柄にあります大雄山最乗寺に行ってきました。神奈川県です。

小田原方面です。

実はこの日、本当は箱根の内輪山をソロハイキングする予定でした。

ハイキングコースとそのタイムスケジュールを大まかに組んで支度して現地に行ったまでよかったけれど、数年前(2年前くらい?)の噴火の影響で大涌谷までは観光ができるよう復活していたけどそのお山はまだ噴煙がモックモクで登山道は封鎖されていました。

すごく残念だったけどその噴煙を見ていると地球の息遣いのようにも感じられるほどこの地球(と書いてホシと読む)は生きてるんだなーなんて感心してました。

↓こちら大涌谷 今回はデジカメ持ってかなかったのでiPhoneの画像にて。

f:id:marble-chiffon:20170917103334j:plain

この一番白く噴煙が上がっているところからもう少し上に新しくまた噴火口が出来ているらしく登山道の規制解は今の所見込みなし、とか。そりゃそうだ。

しかもここまでガスがすごいと硫黄の臭もなかなかキツイ(''ω'')

f:id:marble-chiffon:20170917103550j:plain

そしてこのお山が冠ヶ岳。ここから神山とかの内輪山を一周する予定だったの。

これはガスってるんじゃなくて本気のガスですから!!

f:id:marble-chiffon:20170917103720j:plain

この時点でお昼前どうしようかと思ってここからさほど遠くない大雄山最乗寺に行こうと大涌谷を後にする。↑こんなにいい天気でお休みを目いっぱい楽しみたいし!

 

 

ということでやってきました。最乗寺。

大涌谷から車で一時間ちょっとかな。

f:id:marble-chiffon:20170917105755j:plain

駐車場は大きくて広い。初詣や特別なお祭り以外は必ず停められると思います。

最乗寺は今年の春、桜のころに来て今回は2回目。

f:id:marble-chiffon:20170917110035j:plain

本当に素敵なところ。

f:id:marble-chiffon:20170917110105j:plain

杉の巨木がこの場の神聖さをその姿で見せてくれる。

その足元に↓ちょっと観覧注意。爬虫類苦手な方は早送りで!

 

 

f:id:marble-chiffon:20170917110308j:plain

 

↑お腹の大きなトカゲちゃんがお出迎えしてくれました。

トカゲはそう珍しくもないけれどこんな場所で出会うと嬉しくなる。今日は山登りじゃなくってここに来るんだったって無理やりでもない正解を自分に説く。

↓この階段を上がると見えてきます。

f:id:marble-chiffon:20170917110527j:plain

↓大まかな案内図もあります。

f:id:marble-chiffon:20170917110616j:plain

↓お線香は必ず手向けます。一束¥100。真ん中あたりがなかなか火が付かないのよね。

f:id:marble-chiffon:20170917110727j:plain

↓ こちら御本堂。堂々たる威厳を放つ。

お寺なので靴を脱いで入れます。右にあるしだれ桜が春来たときはまだ咲いていたことを思い出す。本当に綺麗だったなぁ。

f:id:marble-chiffon:20170917110916j:plain

そんな春の画像がありました! ↓ こちらです。

f:id:marble-chiffon:20170917113758j:plain

またこの時期に行きたいな。

 

そんな御本堂の中をチラリ。↓

今回こちらは手前からのお参りにして先へ進みました。

f:id:marble-chiffon:20170917113843j:plain

f:id:marble-chiffon:20170917114120j:plain

f:id:marble-chiffon:20170917114254j:plain

↓こちら金剛水堂。お水がいただけます。

春に来たときはあんまりおいしいと思わなかったこのお水。今回はなんとも言えない不思議な味がしました。おいしいけれどそれ以上な何かがある感じ?上手く言えない。

実はこのお水は帰るときに頂いたんです。それだからかなー。

f:id:marble-chiffon:20170917114200j:plain

↓ こちら鐘楼。この木彫りの龍がすごくて今回も見入ってしまった。

ちなみに鐘はつけませんよ~。

f:id:marble-chiffon:20170917114906j:plain

↓ 多宝塔。ちょっとピリッとした空気を感じるけどすぐ近くの杉の木がきっとすごいのだと勝手に感じた。

f:id:marble-chiffon:20170917115118j:plain

そして水神様がいらっしゃいます。↓

こちらの水神様は優しさと厳しさがあるような…とても神聖な場所でこれから結界門をくぐる前に是非このお水で浄化してから進むといいかなーって。

f:id:marble-chiffon:20170917115356j:plain

もう一回水神様。女性の神様っぽいけど男性っぽいのはその上にお不動様がいらっしゃるから? |д゚)

f:id:marble-chiffon:20170917115639j:plain

↓ 水神様の上にはお不動様がいらっしゃいます。その前景。最乗寺は本当存分に四季を感じられるのです。だからすごく好き。

f:id:marble-chiffon:20170917120031j:plain

 

さて。これから結界門の先を行きますが長くなりましたので続きます。

7月にいただいた御朱印 7月まとめ

こんにちは。武田きよらです。もう8月もお盆になろうかという時期ですが。

7月まとめです。特にまとめるほどではなくてもやりますよ。

 

今日の記事は御朱印です。とはいえ私がいただく御朱印は至ってノーマルで誰でもいただけるものです。

限定!とかそういったものではありません。なににせよ参拝マニアですからね('ω')

 

ではまず静岡浅間神社から。

f:id:marble-chiffon:20170809141157j:plain

こちらは記事にした通り3種お願いしたのに一社のみでした。。。。

 

お次は高尾山薬王院

f:id:marble-chiffon:20170809141339j:plain

お寺っぽいですね。神社よりお寺の御朱印の方が割と凝っているというか個性が出ると思います。今は限定の御朱印とかたくさんあってそのコレクターさんたちがSNSでこれでもかとドャしてますねw

 

っと、この2つしかなかった!!!!!

 

なんてことでしょう。

 

ということでこれまで記事にしたところの御朱印も一部載せておきます。

ちなみにmy御朱印帳は3冊目ですドャ!

 

 

こちら江の島神社と弁財天様の御朱印

夏の江の島は人が多すぎてきっと夏はいい意味の地獄となっているでしょう‥‥www

日付は2つ一緒にということなんでしょうか。

細かいことは気にならないタイプですが。ウソ

f:id:marble-chiffon:20170809141847j:plain

お次は伊豆山神社

f:id:marble-chiffon:20170809142051j:plain

伊豆山神社御朱印は書いてくださる方がお二人いらっしゃって↑は男性の方。

去年頂いたのはこの左の方。比べてみました。

この左の方がよく御朱印ブログなんかでみるかな?シュートカットが素敵な女性の方が書いてくださいました。たぶんお昼休憩だと男性で右側の御朱印になるかと。

f:id:marble-chiffon:20170809142233j:plain

伊豆山に登る前にちらっと社務所をみたら女性の方がいらしたので。

お好みでどうぞ。

 

 

こちらは富士山本宮浅間大社御朱印

やはり去年のと比べてみました。

f:id:marble-chiffon:20170809142454j:plain

まだありますがキリがないのでこの辺で。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

 

西伊豆 松崎町でイワナガヒメ様と出会う!~雲見浅間神社~

こんにちわ! 武田きよらです。

私の小さな旅物語へようこそ。今回の参拝は西伊豆松崎町です。

松崎町堂ヶ島の先にあり下田より手前です。。。。

なんて適当すぎる説明でわかりますでしょうか?まぁいいのです。

この記事で興味を持たれた方ならグーグル先生に聞いてくれるはず!!!

 

その松崎町烏帽子山というところがあります。名前に由来は想像とおり山のかたちが烏帽子みたいだからですね。その烏帽子山に雲見浅間神社がありましてそちらにイワナガヒメ様が鎮座されております。浅間神社静岡県なら数あれどコノハサクヤヒメ様が御祭神のところが多いと思いますがこちらは

ガチ!で!

イワナガヒメ様がいらっしゃるお社でしたよ!それでは行ってみましょう!

あ、ちょっと待って。烏帽子山というくらいだからちょっとお山を登ります。烏帽子山は標高162m。あれ?低くね?………………………ええ。高さはそれほどかもしれませんよ。しかし甘く見るな!!短時間でガッツリ登山できますから!!

↓入口の鳥居ですね。隣は鈴与の施設がありました。

f:id:marble-chiffon:20170731145709j:plain

さて。2時間ほどのドライブでやってきました松崎町。実はこの日は家族全員で来たのですよ。けれど三半規管の弱い次男ゲロゲロ とやらかしまして…隣にいた長男がもらいはしなかったもののそれを間近で見ていたのだから 俺も気持ち悪りぃー となり仕方なく車を開放し子供を安ませて夫婦二人での参拝となりました

奥の鳥居から↓ いい感じ!        

f:id:marble-chiffon:20170731150356j:plain

↓ 案内図があります。最初石段130段そのあと320段!け、けっこうあるじゃん!

ロ、ロッククライミングなんて し、しないんだかんねっ!

f:id:marble-chiffon:20170731150442j:plain

↓ ででーん。御神木。夫婦松だそうで。今日の私たち♡なんて。 

f:id:marble-chiffon:20170731152324j:plain

f:id:marble-chiffon:20170731152351j:plain

f:id:marble-chiffon:20170731152536j:plain

途中、こんなキノコも。サルノコシカケってこんな感じかしら?

f:id:marble-chiffon:20170731152634j:plain

↓ 拝殿に到着。狛犬様も私好み♡

f:id:marble-chiffon:20170731153240j:plain

f:id:marble-chiffon:20170731153307j:plain

田舎の神社という感じがします。このお社の中で参拝ができるのですがこの時は気が付かなくて下ってきたときに中で参拝させていただきました。

登り始めのこの時は初めましてのご挨拶とこの地を守ってらっしゃることに感謝をこめての参拝です。でも私は『やっと会えたね』という誰かさんが誰かさんに言ったみたいな感情が沸き上がる~ ♪愛をくださーぁい♪ ウォウ ウォウ♪

f:id:marble-chiffon:20170731153138j:plain

手水もしっかりありますよ。

f:id:marble-chiffon:20170731153709j:plain

で、拝殿の隣には牛頭天王様がいらっしゃいました。

f:id:marble-chiffon:20170731154041j:plain

この小さな祠の横からさらに石段を上がり中之宮を目指す。

f:id:marble-chiffon:20170731152905j:plain

石段と言ってもかなりの勾配で一つ一つの段が小さいので歩きにくいし落ち葉があるから滑りやすいし日陰の所はさらに苔ばってるから滑るのです。ちゃんとトレッキングシューズで登ってます。相棒のトレッキングシューズはKEENというメーカーの物。

f:id:marble-chiffon:20170731154331j:plain

320段はきついなぁ。

とやっとこ着いた中之宮。ここで戸を開けて参拝できることに気が付く。

f:id:marble-chiffon:20170731154650j:plain

汗だくですがちゃんと参拝します。で、ちょっと休憩タイム。

このあたりがちょっとした絶景ポイントになっていて松崎町周辺のキレイな海が見渡せる。海は下田の方が有名だけど私は松崎の海なら入りたい!と思わせる青さでした。

こんな時こんな写真しか撮れなかったけど少しでもきれいな海が伝わりますように。

f:id:marble-chiffon:20170731155000j:plain

f:id:marble-chiffon:20170731155128j:plain

この日は晴れていたけど雲多めで富士山は拝めず。一部の伝説によるとここから富士山が見えるときは~云々伝説がありますが略したことから察していただけるとありがたいですが実は私はあんまり信じてないでーす。えへ。

それはこの後に載せますイワナガヒメ様を見たから。

 

ま、先に進みましょ~ここからはかなり山道になります。山頂にある本殿を目指せ!

f:id:marble-chiffon:20170731160157j:plain

f:id:marble-chiffon:20170731160505j:plain

途中に相思の根というのもありました。

f:id:marble-chiffon:20170731160553j:plain

この相思の根を過ぎるとすぐに細い岩場があります。

ホントしっかりトレッキングもできる烏帽子山。細い道に見えてちゃんと人ひとり余裕で通れるから大丈夫。ゼンゼンコワクナイヨ!!

f:id:marble-chiffon:20170731160815j:plain

山頂の本殿が見えてきた。この石段がきっついけど頑張って!

f:id:marble-chiffon:20170731160946j:plain

本殿に到着~。中之宮と似ているけど雰囲気は全然違うような??こちらも戸を開けて参拝できます。ここまでこれた感謝をこめてのご挨拶。

f:id:marble-chiffon:20170731161435j:plain

本殿横の階段からさらに上に行けます。

f:id:marble-chiffon:20170731161606j:plain

上はこんな感じで岩場の上に柵があり大人3人くらい入りますが柵が何となくな不安要素あり?な感じなのでこちらでアドレナリン出さないように!柵に寄りかかるなんてしないように! でもね。ここからの絶景は是非見てもらいたい。

f:id:marble-chiffon:20170731161731j:plain

嗚呼、私にもっと写真を撮る技術があったら…頂上から見る富士山方面。

f:id:marble-chiffon:20170731161703j:plain

こちらは南側。

f:id:marble-chiffon:20170731162121j:plain

f:id:marble-chiffon:20170731162218j:plain

こちらは雲見方面なのかな?この透明すぎる海!ここは海水浴場になってるの。

f:id:marble-chiffon:20170731162303j:plain

こんな海でなら泳ぎたいでしょ? 案内図も張り付けておきます。

f:id:marble-chiffon:20170731162505j:plain

そしてまた下る。

f:id:marble-chiffon:20170731162614j:plain

で。

拝殿に戻ってきました。こちらで戸を開けて正式参拝。

f:id:marble-chiffon:20170731162806j:plain

このお社の中にイワナガヒメ様がいらっしゃいましたので神殿にお断りをして

お写真いただきました。すんごく美しく気品あふれるイワナガヒメ様。

f:id:marble-chiffon:20170731162822j:plain

伝説だとニギギさんに返されてしまいますがニギギさんの好みが単にコノハサクヤヒメ様だっただけでは?と思います。例えるならば秋篠宮佳子様眞子様の姉妹かな。なんて一般人の私が言う事じゃないですけどそんな気がしました。

 

後日談ですがこの拝殿に住所氏名など記帳できるノートがあり、記帳して帰りましたところ、こちらの神主さんから雲見浅間神社のお札と挨拶とお礼文が届きました!

地方のお宮ですがそういった心遣いも行き届いていてやはりイワナガヒメ様のおわしますお社なんだなと感じました。

今回はやっとお会いできましたイワナガヒメ様ですが富士山5合目にもいらっしゃるので今年は頂上までは行かずともその辺りもめぐってみたいと心に決めました。

この参拝日は7月9日で次の日が静岡県側の富士山の山開きがあったんですよ~。

 

また長文になりましたがお付き合いとご愛読ありがとうございました。

武田きよらでした。

稲荷山コースで! 高尾山へ行ってきました~薬王院編~

こんにちは! 武田きよらです。

高尾山の続きです。今回は薬王院編。

 

しかし、高尾山。

頂上でも上水下水が通ってるのでトイレが水洗で気持ちよく使えまいた。こういうのってBBA女子でもありがたいです。売店で食事もしたかったけれど何となくパスして水分補給して先に進みます。

汗だくで山を登ってきたので頂上の販売機で買ったレモンウォーターがおいしい。

これからの季節のトレッキングは絶対ビタミンc入りのイオンウォーターにしようと心に決めたのでした。

 

さて休憩もほどほどで薬王院の方へ向かいました。

普通の参拝では浄心門をくぐって~というところからだと思いますがなにせ頂上から下る形になってしまいましたのでいきなり奥の院からスタートです。

f:id:marble-chiffon:20170725135258j:plain

浅間さんからでした!ホント縁があるなぁ~と感じながら手を合わせる。

f:id:marble-chiffon:20170725135327j:plain

こちらは修験の香りプンプンですね!

f:id:marble-chiffon:20170725135408j:plain

高尾山不動堂。

f:id:marble-chiffon:20170725135528j:plain

気持ちを落ち着かせて手を合わせます。感謝しかありません。

f:id:marble-chiffon:20170725135559j:plain

……………………………

 

少し下ると御本社があります。先ほど述べた通り私は逆から行ってしまったので本当は御本堂などに参拝してから下ったのですが、書きながらわからなくなってしまうとアレなものでして…なので鳥居をくぐるところから書いていきます。

f:id:marble-chiffon:20170725140549j:plain

狛犬さまにもご挨拶しました。

f:id:marble-chiffon:20170725140826j:plain

f:id:marble-chiffon:20170725141024j:plain

f:id:marble-chiffon:20170725141101j:plain

f:id:marble-chiffon:20170725141129j:plain

御本社の前には天狗様♡

f:id:marble-chiffon:20170725141203j:plain

手前にお線香があるのでそちらももれなく手向けます。

f:id:marble-chiffon:20170725141510j:plain

f:id:marble-chiffon:20170725141539j:plain

 

御本社の隣に飯縄大権現社がありました。

f:id:marble-chiffon:20170725140940j:plain

こちらは天狗社ですね。

f:id:marble-chiffon:20170725141847j:plain

お稲荷さんもあり。福徳稲荷です。豊川稲荷東京別院に行った時以来の福徳稲荷様。

f:id:marble-chiffon:20170725140910j:plain

f:id:marble-chiffon:20170725142024j:plain

大黒様のお姿も。

f:id:marble-chiffon:20170725140457j:plain

 

そして下っていく。

f:id:marble-chiffon:20170725142225j:plain

この御本堂の上に天狗様がいるとかいないとか。

視える方にはみえるのだろうけど私はこの通り…

f:id:marble-chiffon:20170725142255j:plain

ヤクルトたくさん。私も愛飲していますよ!

全然関係ない話ですがこの間胃カメラをやった時に私の胃があまりにもきれいだったので先生にピロリ菌除去とかやった?と聞かれました。全くやってないけれど絶対ヤクルトのおかげだわ!と強くそう思いました。おほほ~

f:id:marble-chiffon:20170725142822j:plain

御本堂の前でもお線香を手向けました。

f:id:marble-chiffon:20170725143112j:plain

この日の高尾山はきっと本当に空いていたんだろうと思う。

天気が心配だったけど高尾山に来る計画は実はこれで3回目でした。二回つぶれた理由は何となく行く気が起きなくなったのが一回と二回目は行く気持ちは最高潮だったけど雨だったりと。この日に来れて本当によかった。

 

他にもたくさん見どころがありますよ。

f:id:marble-chiffon:20170725143748j:plain

f:id:marble-chiffon:20170725143903j:plain

↓こちらお遍路さんと同じ御利益があるそうで!

お遍路さんは水曜どうでしょうのイメージが強い私。。。ちなみに一番好きなシリーズは夏野菜のやつとジャングルのと屋久島のやつ。一つになんて絞れないわ!

f:id:marble-chiffon:20170725143956j:plain

f:id:marble-chiffon:20170725144116j:plain

f:id:marble-chiffon:20170725144147j:plain

f:id:marble-chiffon:20170725144226j:plain

f:id:marble-chiffon:20170725144446j:plain

下ってますのでこちらの天狗さまはここを出るときにお会いしました。

f:id:marble-chiffon:20170725144438j:plain

御朱印はこちらです。↓

私が行った日は待ちゼロですんなり頂けました。

f:id:marble-chiffon:20170725144547j:plain

このあたりにお土産も売ってます。

おみくじを引いたりお土産物色したり。

かわいい手ぬぐいタオルがあったので買ってきました。

 

浄心門をくぐるとすぐ会えるお天狗様♡

f:id:marble-chiffon:20170725145339j:plain

浄心門。次はここから入って気持ちを整えて上に行きたい。

f:id:marble-chiffon:20170725145456j:plain

 

たこ杉。実際見てみるとなかなか凄いですね。切られたくなくって一晩で根がうねった話は有名ですがそれもありうると思わせる何かがあるかも。

f:id:marble-chiffon:20170725145640j:plain

おくとぱす~

f:id:marble-chiffon:20170725145855j:plain

f:id:marble-chiffon:20170725145817j:plain

もう疲れていたので女坂を選択して下る。

f:id:marble-chiffon:20170725150015j:plain

 帰りはケーブルカーに乗ろうと決めてました。

だってこれ↓が食べたかったから。

f:id:marble-chiffon:20170725150347j:plain

ケーブルカー待ちの時に食べる。黒豆のあんこは本当においしい。お昼を抜いてるからなおさらにおいしい。皮はモチモチで黒豆あんこぎっしり。4個をお土産として持って帰る。冷凍しとけばいつでも食べられるからね。と言いつつすぐになくなったけど!

 

 

自分でこのコースを選んでおきながらアレなんですが最初だからこそ王道の参拝をしたかったなぁなんて思います。また高尾山に来るときは浄心門から気持ちを高めつつの参拝をしようと決めました。手水も省いてしまって反省ですがおみくじが久しぶりの大吉だったから満足満足の参拝でした。

稲荷山コースで! 高尾山へ行ってきました~トレッキング編~

こんにちわ。武田清良です。

本日2つ目の記事です!やる気になるとできるものですね~

 

私の小さな旅の記録へようこそ。今回はハイキング、いやトレッキングというのでしょうか。高尾山薬王院へトレッキングも兼ねていってきましたよ。

 

車で行きました。東名高速から海老名JCくらいかなぁ圏央道で八王子方面へ。

高尾山の降り口で下りれば迷うことなしです。車は薬王院の車お祓い所のところの駐車場に停めました。一日¥500という安さ!鎌倉あたりも見習ってほしい~

f:id:marble-chiffon:20170723090752j:plain

高尾山駅まで来ましたよ。山口駅も行って少し散策。

初めて高尾山に来たのでよくわからなかったってのもありますが観光地なので多少迷ってもどうにかなるさ!で全然どうにかなる高尾山周辺。

f:id:marble-chiffon:20170723091409j:plain

初心者は素直にケーブルカー乗って1号路から~なんてあまい!

私は薬院王へのお参りも兼ねてトレッキングしに来たのです。

ここは一番キツイ稲荷山コースでしょ!と息巻いて歩き始める。

お店が立ち並ぶ小道を通って山口駅を過ぎいよいよ稲荷山へ入ります。

f:id:marble-chiffon:20170723091703j:plain

f:id:marble-chiffon:20170723091724j:plain

きれいに道も舗装されてる。さすが高尾山。

f:id:marble-chiffon:20170723091818j:plain

稲荷山コースということで さっそくお稲荷さんがあります。

トレッキングの無事を祈ります。

f:id:marble-chiffon:20170723091851j:plain

f:id:marble-chiffon:20170723091906j:plain

ある程度上ると山道らしい箇所もたくさん。

f:id:marble-chiffon:20170723092026j:plain

f:id:marble-chiffon:20170723092123j:plain

f:id:marble-chiffon:20170723092139j:plain

私が行った日は平日でした。しかも前日はあの九州で大災害をもたらした台風と梅雨前線が~という時でこちらは既に台風一過で晴天&蒸し蒸しでした。

そのせいか、たぶんこの日の高尾山は空いていたと思います。

 

…水分補給はしっかりしてところどころ休憩を挟みながら登ります。

ブレッブレでごめんなさい。トレッキングの臨場感を大切にしてます(ドヤッ!)

f:id:marble-chiffon:20170723092652j:plain

f:id:marble-chiffon:20170723092707j:plain

f:id:marble-chiffon:20170723092856j:plain

ここらへんで半分かな?稲荷山の東屋に到着。

登ってるときには他の人をそんなにみなかったけれどここには人がたくさんいました。

良い休憩場所なので混んでます。私も何とか座ってのどを潤し汗ふきふきして荷物を整えて5分くらい休憩。

他に休憩していた山ガール二人がストレッチしていたのですがなんともなめまかしいポーズをとるのでオバサンの私でも目のやり場に困る~。ほかの登山者の方もガン見してるオジサンとかいましたのでストレッチしたい気持ちはわかるけど場所はわきまえてほしなーなーんてオバサンの心の声でした。

f:id:marble-chiffon:20170723093001j:plain

ここからは筑波山まで見えるそうですが…この日は都庁はみえましたよ!

さぁあと半分。と、トレッキングが終わるとこう書けるのですがこの時本当はあとどのくらいなんだろう?とか思ってました!爆!

f:id:marble-chiffon:20170723093812j:plain

でも山の中は気持ちがいい。しかもこの日は蚊の攻撃がない!

f:id:marble-chiffon:20170723093835j:plain

下ったり登ったり。

f:id:marble-chiffon:20170723094051j:plain

f:id:marble-chiffon:20170723094107j:plain

本当に綺麗に舗装されてる道もあれば、カメラで撮る暇もないくらいぬかるんでる道もあったりして。

f:id:marble-chiffon:20170723094220j:plain

6号路へ繋がる道もあります。が、ここで6号路の方へ行けばよかったと後々後悔するハメになるとは…

f:id:marble-chiffon:20170723094405j:plain

稲荷山コース。

最後の最後で長い階段があります。これが一番きつかった!もうきつすぎて写真を撮るのも面倒くさくなってしまうくらい。ひたすら登る。階段はマジキッツぃ~

f:id:marble-chiffon:20170723094447j:plain

はぁはぁ。

階段も時々立ち止まりながらやっと山頂!

最初の案内看板で90分とあったけど私も1時間半で到着。ちょうど90分だわ。

ちなみに遅い方で90分だから早い人はもっと早いんだろーな。

f:id:marble-chiffon:20170723094811j:plain

ふぉ~頑張った。三角点ってやつです。

f:id:marble-chiffon:20170723094837j:plain

高尾山でも稲荷山コースはかなり本格的なコースですね。

まだまだ歩きたい方はここから小仏方面へも行けるし舗装もちゃんとしてるところも多いし迷わないし日本一登山客が多いお山なのもうなずけます。山頂には食堂もあるので飲食にも困らない。素敵!

コースもたくさんあるから次は違うコースで行ってみようと思います。

次回、薬王院編です。

産土神社へ。静岡浅間神社で龍に出会う!part 2

こんにちわ!武田きよらです。

時間が少し空きましたが静岡浅間神社part2で記事を書いていきたいと思います。

大拝殿での参拝を終えて社務所を通り過ぎ続いて向かったのは…

f:id:marble-chiffon:20170720085324j:plain

↑こちら社務所です。御朱印もこちらですよ。

 

八千戈神社へ続きます。

f:id:marble-chiffon:20170720090107j:plain

 夏なので大祓がありますね~。当然これやります。半年分の厄落としです。

大抵大祓があるとやってしまう私ですが‥やりたいよね?ね?

左側にある形代はしっかりと収めましたが右側に七夕の短冊があるのわかりますか?

これが¥300だったんですよ!たかっ! もしかしたら数枚書けたのかもしれませんがスルーしました~

八千戈神社の御祭神は神部神社の神様の荒魂だそうですよ~。しっかりご挨拶します。

 

続いては…麓山神社へ。この石段を登っていきます。

f:id:marble-chiffon:20170722125905j:plain

せんげんさんはお山に登るとかないので気軽にサンダルでも行けますが麓山神社に行くにはやはりスニーカーが安全でしょうか。この石段が 面倒くさく思う時はスルーしちゃうのですがなにせ御祭神様が大山祇命さまと日本武尊なので行かねばなりません!

それでもほかのお寺さんよりはずっと楽な石段。近くの学生のトレーニングの場でもあるのか上までの往復を何回もやっている若者がいたりします。市民の憩いの場でも健康づくりの場でもあるんですね。がんばれ~

f:id:marble-chiffon:20170722130715j:plain

せっせと昇る。

上まで来るとまた少し石段があります。

f:id:marble-chiffon:20170722130734j:plain

途中にパワーありありな杉の木もありました!光ってます!

f:id:marble-chiffon:20170722130930j:plain

ついたぁーーーー!

f:id:marble-chiffon:20170722131106j:plain

ここまで上がってくるのは小学校以来かもしれません。。。

もちろんそんな非礼を詫びながらの参拝です。

f:id:marble-chiffon:20170723074052j:plain

ボケちゃってますが"(-""-)" また石段を下り先へ進みましょう。

 

そして大歳御祖神社。

こちらはせんげんさんの赤鳥居をくぐるとあります。

ちなみに浅間神社・神部神社は石鳥居をくぐるとあります。駐車場から来ると浅間神社側にでますよ~大歳御祖神社が一番奥にあるといった感じです。

f:id:marble-chiffon:20170723074651j:plain

裏側から。

三本柱の一角を担ってますので立派です。ずっと社殿の工事をしていたのですが表側は終わってますね。裏側はまだ足場があったので進行中でしょう。

f:id:marble-chiffon:20170722131034j:plain

いつも浅間神社・神部神社しかお参りをしてなかったので子供のころからの馴染みとは言え本当に『はじめまして』かもしれない。心を込めての参拝です。

 

参拝を終え神池の方へ。

f:id:marble-chiffon:20170723075626j:plain

f:id:marble-chiffon:20170723075845j:plain

f:id:marble-chiffon:20170723075938j:plain

歩いて回っていたらひと際ご神気を放つこの池の主と遭遇する。

f:id:marble-chiffon:20170723080645j:plain

素直に龍がいる・・・ と思った。

iPhoneからの方がうまく写ってるのでそちらも載せますね。

f:id:marble-chiffon:20170723080800j:plain

f:id:marble-chiffon:20170723080832j:plain

龍・・・ 

と言ってはみたものの、ジブリ映画のもののけ姫のシシ神様が夜になって荒ぶる神に変身するお姿にすごく似ている!でいだらぼっち!!あくまで私の主観ですが。

 

せんげんさんに龍神のイメージは本当になかったから最後にこのご神木に出会えてすごく感動しました。そしてこのでいだらぼっちの龍様に感謝です。

こうやってしっかり回るといろいろな気付くことがありました。せんげんさんの氏子でよかったなぁ。またちょくちょくお参りさせてもらいます!

 

最後に…今回もせんげんさんで御朱印をいただきましたが3種類(静岡浅間神社大歳御祖神社・八千戈神社)がいただけます。それぞれ¥300で私はせっかくなので3種お願いしました。けれど一社しか記入してもらえませんでしたーーーーー。

いつも私は授与の後に確認せずに家に帰ってから御朱印をみて思いを馳せるのが好きだったのでちょっとショックでした。しかもでいだらぼっちに感動した後だったから余計に~(/_;) こんなこともお勉強なのですかね?いや七夕の短冊ケチったから?

モヤモヤが残りますが。

 

これからはいただいた御朱印はすぐ確認しようと思います!

 

以上、静岡浅間神社でした。でもとってもいい神社なのでおススメです。